スポンサードリンク

2014年05月17日

上手な代掻きの方法

上手な代掻きの方法についてコツのようなことを少しお話しましょう。

まず深さはごく浅いところで止めましょう。

初心者にありがちなのが深いところまでかき回してしまうこと。

荒代から1周間もあれば水が土を柔らかくしてくれるので、
機械で無理にかき回さなくても大丈夫なんです。

ここで最も重要なのが水の量です。

水の深さが5センチ以上あればロータリーでかき混ぜていったあとを、
泥水が追いかけてきて表面を平らにしていってくれます。

次にポイントとなるのがトラクターの速度。

早すぎず遅すぎず、ロータリーのすぐ後ろを水が追いかけてこれる速度で。


【関連する記事】
posted by shirokaki at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 上手な代掻き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

代掻きの回数

水田を平らにすることばかりに囚われてしまい、
何回も代掻きをしている人をよく見かけます。

しかし過度な代掻きは裏目に出ます。
何故なら、代掻きを繰り返すと微細な土が下層に堆積していきます。
そして稲に吸収されない肥料分も沈殿していきます。
これらがロータリティラーの爪によってたたかれて硬く締められていき、
不透水層が形成されていきます。

そのままにしておくと酸素不足の土壌となり、
ヘドロが堆積してしまうこともあるんです。

ですから、代掻きは多くても2回までに留めておくのが無難です。

posted by shirokaki at 22:09| Comment(0) | 代掻きの回数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

代掻きの手順

代掻きの手順について。

トラクターで行う代掻きの効率良い方法が、
わかりやすく解説されています。

特に、田んぼの隅っこが高くならない代かきの方法が参考になりました(・∀・) b

⇒http://www.ac.auone-net.jp/~takizawa/QandA.html

posted by shirokaki at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 代掻きの手順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▼キーワードを入力すれば検索ができますよ▼



track feed 上手な代掻き
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。